さまざまな便秘の存在

便秘にお悩みの方は誰しも、何とか苦しい自覚症状を改善しようと、それぞれが色々な情報や知識を収集されていると思います。
結果便秘が生じる要因や、どのような便秘改善アイテムが市販されているのかなど、相当量の正しい知識をお持ちの方も数え切れない事でしょう。
ですが意外と知られていないのが、これの種類は1種類だけでは無い、という事実です。

大きく分けると、これは次に述べる3つのパターンが存在しています。
大切なのは皆さんがどのタイプのものにお悩みなのかを見極め、症状改善に最もマッチした改善策を講じる事なのです。

まず1つ目に、身体の筋力低下が主たる要因のものです。
これは高齢者あるいは出産直後の女性に多く見られ、便意そのものは自覚していますが、自身の筋力が乏しく、正常に便を体外に排泄出来ない状態から、結果慢性的なものとなる症状です。
医学的に弛緩性便秘と称されています。
次に挙げられるのが、トイレを長時間我慢する事が要因で、大腸を通過して直腸付近で便が滞留してしまう状態が結果、日常的な便秘に繋がってしまう場合です。
比較的低年齢の子供や若い女性に見られ、こちらは医学的に直腸性便秘と称されています。
そして3つ目は、肉体的なトラブルでは無く、精神的ストレスから自律神経がバランスを崩し、結果便が過剰に固くなってしまう事で便秘となるパターンです。
仕事や人間関係のストレスが要因となり、年齢性別を問わず見られる症状で、痙攣性便秘と称されています。

今回述べた3種類のものの違いを知り、ご自身がどの症状に合致するのかを、先ずは的確に見極める事が重要です。
日常生活に於いて改善出来る部分は早急に実践し、便秘解消薬などを用いる必要があると判断されれば、症状と自らの体質にマッチした製品を正しく用いる事で、便秘解消に努めましょう。
年齢から来る肉体的な衰えや、現代社会の中で日々を過ごす以上、自己解決が難しい部分もあり、専門家のアドバイスを仰ぐ、あるいは診察から処方を受ける事も重要です。
こちらの便秘を引き起こす原因になる食生活についても参考にご覧ください。